上手な依頼方法
 

HOME < ご依頼の前に < 上手な依頼方法

現状の説明・完成後のイメージは具体的に

システム開発者が知りたいこと、それはお客様が「今、どのような状態にあるものを、最終的にどのような状態に変えたのか」という具体的なビジョンです。現在の状態をできるだけ詳しくご説明頂くこと、そしてシステム完成後には「こういった状態になっていたい」といったイメージを、できるだけ具体的にお話し頂くことがとても大切です。

達成する経路・手段・方法を選ぶ

システム開発者にいくつかのプランを提案された場合には、必ずそれぞれの方法における「利点」「不利点」をきちんと踏まえた上で、最も納得のゆくものを選択して下さい。分らないことや聞いておきたいことなどもそのままにせず、全て聞いておきましょう。

似ているシステム・参考になるシステム

ご依頼を受けたシステム開発者が、お客様がどのようなシステムを求めていらっしゃるのか、とイメージする際に、「こういった感じで」「こういった機能を搭載して」といったように、類似したシステムをご提示頂けますと、とてもスムーズにお話を進めてゆくことができます。

プランが立ったら再度説明を

ご依頼成立の前に、担当のシステム開発者よりもう一度「完成後のイメージ」をお訊ね下さい。そしてお客様のイメージと異なる部分がありましたら、その場で指摘、修正を行って下さい。お客様の望むものにより近いものを完成させるため、延いてはトラブルを避けるためにとても重要なことです。