業者選定のポイント
 

HOME < ご依頼の前に < 業者選定のポイント

見積もりの内訳を教えない会社に注意

ご依頼者様がシステムに関して余り詳しくない、といった場合には、それらしいことを言って法外な値段を請求してくる悪質な会社に十分にご注意下さい。例えシステムに関する云々が分らなくとも、明らかに疑わしい高額な費用に対しては、どんどん説明を求めるようにしましょう。

専門用語ばかりで難しい説明をする会社に注意

ご依頼者様がシステムに関して余り詳しくない、といった場合にも、専門用語ばかりを並べ、分り易い説明をしてくれない会社とは、「上手く意思疎通が図れない」「本当に作りたいシステムができない」可能性があります。より噛み砕いた丁寧な説明を、ご依頼者様が納得のゆくまで求めるようにして下さい。

追加費用が掛かり過ぎる会社に注意

初めのご依頼にはなかったところが若干出てくると、追加見積もりを次々と請求してくるという会社はとても多くあります。確かにシステムの大きな変更や、もともと予定していなかった機能の追加、或いは、途中まで作ってきたシステムの作り直しが必要となる変更などに関し、追加費用が発生してしまうことは事実です。しかし、実際にはそれ程負担の掛からない変更に対しても、不相応な金額を要求する悪質な会社もあります。このような業者を避けるためには、契約前に、「どのような場合に追加費用が発生し、どのような場合には発生しないのか」を、しっかりと取り決めておくことが大切です。

開発中に連絡を取ってこない会社に注意

 開発中のご依頼者様との連絡を「必要ないもの」と考えている会社は、ご依頼者様の方を向いてお仕事をしていない会社だと言えるでしょう。そういう会社の開発したシステムは、往々にして「独りよがり」なものになりがちです。本当にお客様に満足して欲しいと思って仕事をしていれば、システムを設計、制作している段階で生じる疑問や確認事項など、ご依頼者様にその都度連絡したくなるのが当たり前ではないでしょうか。  このような会社を避けるためには、初めのご依頼の段階で「開発に入ってからはどのような形でコミュニケーションを取るのか」と率直に訊ねてみるとよいでしょう。それに対して嫌そうな顔をしたり、困った顔をしたり、「お客様にお話ししても分らないと思いますけれど」というような返答をするような会社ならば、避けた方が無難かも知れません。